2019.6.27更新終了しました。
ご愛読ありがとうございました。

詳細

思い出

思い出

ギックリ腰と短パン

私が小学生だったあるとき、母がギックリ腰になりました。単身赴任で父が留守にしているぶん、本来であれば力のある男性に任せた方がよい仕事まで母が引き受けていたので、ケガをしたり体を痛めることも珍しくはなく。祖父や私はハラハラしな...
思い出

時代劇ごっこ

子供のころ、どんな「ごっご遊び」が好きでしたか?私は、時代劇ごっこ。祖母が作ってくれたソデのない綿入りはんてんのようなもの(伝わりますか?)を着て、新聞紙で作った刀を差し、「この桜吹雪が目に入らぬか」と言いながら母を斬りつけ...
思い出

父の日

今日は父の日でしたね。私は贈り物が好きなので、毎年この時期は楽天で父の日ギフトを眺めます。母の日の贈り物はお花やスイーツが定番ですが、父の日は「北海道魚介セット」「馬刺し食べ比べセット」のように意外な商品が贈り物として提案さ...
思い出

ばんそうこう事件

生まれてはじめての集団生活を強いられた幼稚園での生活は、慣れるまでただひたすら苦痛でした。とにかく行きたくない。私は毎朝「お母さんと離れたくない」を必死に訴えるのですが、母はあの手この手でわがままな娘を幼稚園に送り込みました...
思い出

夏のある日

子供のころは、夏でもエアコンを入れずに過ごした日が多かったように思います。実家は構造のせいか、部屋によって体感温度がまるで違いました。母は手芸の道具を、私は学校の宿題や習い事の道具を持って、風通しがよく涼しい部屋に移動して過...
思い出

ハチに刺された記憶

そんな出来事はなかったはずなのに、あたかも事実であるかのように記憶している出来事があります。夢と現実が入り混じっているのか、それとも記憶に近い出来事が本当にあったのか、誰かに聞けばわかるのでしょうけれど、そこまでするほど気になってい...
思い出

20歳の自分

もうそろそろ、関東も梅雨入りでしょうか。梅雨が明けてやってくる夏を思い、さらにその先にある秋を待ち遠しく思います。こんな風に先のことばかり考えていると、あっという間に一年が過ぎてしまうのですが…誰もがそうだと...
思い出

手作りりんごジャム

私が小学生だったある日、親戚からたくさんのりんごが送られてきました。親戚が多く当時は付き合いも盛んだったので、くだものをはじめとする食べ物が送られてくることは珍しくなく。ただ、このとき届いたりんごはとにかく量が多くて、同じ家...
思い出

はじめての自転車

今日6月3日は、「世界自転車デー」なのだそうです。はじめて自転車に乗った日のことを覚えていますか?私は、うっすらとですが覚えています。街の小さな自転車屋さんに連れて行ってもらったのは、小学校一年生か二年生のと...
思い出

会ったことがない祖父

両親とも小柄で、ふっくらとした体型でした。背がそこそこあって痩せ型の私は、母方の祖父に似ているのだそうです。母方の祖父は私が生まれるよりもずっと前、母が小さいころに亡くなっています。私はぼやけた写真でしか顔を...
error: Content is protected !!