2019.6.27更新終了しました。
ご愛読ありがとうございました。

詳細

5月も終わり

5月も今日で終わりですね。

ということは、今年も残り半分。

あと半年でどれだけのことができるでしょうか。

私は、そんなに多くのことはできないと思います。

夏を越え、また湯豆腐が恋しくなるとき、今日と同じように過ごしていたいです。

 

少し前、「あさがおさんの目標はなんですか?」と聞かれたことがありました。

正直なところ、活動の目的はあっても目標はありません。

ふと、私が思う目的・目標と本来の意味は違うのかもしれないと思って調べたら、やっぱり違いました。

「目的」というゴールがあり、それに到達するまでの過程に立てられるものが「目標」。その為、目的は長期的なもの、目標は短期的なものに設定されます。

引用:「目的」と「目標」の違い、きちんと理解していますか?意外と知らない使い分け

 

これで行くと、私が持っているのは活動の「理由」でしょうか。

目的も目標も自分から離れたところにある地点への到達を目指しているのであれば、どちらの言葉も私の考えとは違います。

 

私は自分を”ポジティブな無気力”だと思っていて、特になにも目指してはいません。

やりたいことをポイポイやっているだけで、それらを実現させるための策と見込みは立てますが、それらは目的でも目標でもないような気がします。

面倒くさい言い分ですが…(いつものことですが)

 

5月は、一年の中でも母との思い出が多い月でした。

ふと立ち止まったときに、「あれも5月のことだったな」と思い出します。

 

子供のころ母の日には近所のお店でハンカチや小物を買いましたが、もっと立派な贈り物がしたくて、早く大人になりたい、働きたいと強く願ったものです。

ところが成長してお金を手にするようになれば、母の日や誕生日を忘れていて当日にハッとした年も。

 

学生時代の勉強も含めた就職に向けての努力は、母と穏やかに暮らす未来を思い描いてのことでした。

それなのにいざ願った通りの状況になれば、本来の目的は日常にかき消えてしまいます。

先に書いたような”自分から離れたところにある地点への到達”を目指すよりも、今いる場所を楽しんだ方が良い。

そう思うようになったのは、母とじっくり話ができた時代を遠く過ぎてしまった最近のことです。

 

6月は父の日がありますが、こちらは母の日と真反対で、子供のころはないがしろにしていました。

父の単身赴任先に物を送るのは子供にとって一苦労でしたし、大人の男性がなにを欲しがるのかはサッパリわからず、毎年パンツや靴下を送り付けていた記憶があります。

 

大人になって、父との距離が縮まってからは一転。

関連:早く言ってよ

父の日や誕生日は楽しみでしかなく、待ちきれずなんでもない時期に贈り物をして驚かせたこともよくありました。

父と親しくなってからの関係は目指すところなどなにもなく、本当にその日その時間一緒にいて言葉を交わすことを楽しめたと思っています。

 

どうなるかわからない先を見るよりも、父との関係のように今日を味わい尽くしたいですね。

6月ものんびりやっていきます。

 

コメント

  1. 雲水 より:

    そうですね。
    目標はすごく大事なことなんだけれど
    結局はその過程が後々考えると
    楽しかったと感じることが多いです。

    結局は「いま」を楽しみ
    感じ尽くすことが大切だなと
    常々思います。

    紫陽花きれいですね。

  2. さとぴょん より:

    こんにちは\(^o^)

    普段、何気なく生きてきたから目的も目標も考えたことないけど、違いについて勉強なりました。

    親になったことないので親の気持ちわからないけど、もし俺に子供が(あさがおさんのように可愛い娘)いて子供から贈り物届けば嬉しいに決まってると思う。単身赴任などふるさとから距離有れば尚更。「また下着かよ」と思いつつ内心「いつもありがとう。優しい良い娘に育ったもんだ」と思われてたんじゃないかな。
    関連記事「早くいってよ」にある光景も父親にしてみれば何より楽しいひとときだったと思うよ。俺も、子供の頃よく言われてた。「お前が大人になったら酒酌み交わしたいものだ」。実現しなかったけどね。俺、ゲコだから‼

    夜更かしほどほどにネ(^o^)/

  3. もー より:

    こんにちは。
    親に対してはそういうものかもしれませんね。
    その距離感をつかむまでにお金やら時間やら。

    プレゼントを買うと、ありがとうではなく、もったいないからスタートする親に育ったので、メディアで◯◯の日で◯◯をあげましょう!と言われると苦痛でした。(現在進行形で)

    なんか、ずれてきそうなので、この辺で。

    はっ!口説きがはいってない!

  4. 風のジハード より:

    あれ・・・?
    俺も[目的]と[目標]を取り違えていたな。

    [目標]という「中期ビジョン」があり、その中期ビジョンを達成するための 具体的な対策を[目的]としていた。

    全く逆じゃん。しかも俺は疑ったことすらなかった。
    あさがおさんはなぜ調べてみようと・・・?

    基本的に俺の場合は以下でなりたっています。

    [経営理念] → [中期ビジョン] → [戦略] → [戦術]

    そして後は[決断] → [行動]

    仕事ではクライアントを落とすのは躊躇ないのに、女性を落とすとなると 上記の行動規範が全く使えなくなって純情になってしまうんです。情けないです。

  5. てつてつ より:

    親孝行のし過ぎはありませんよね(^^)d
    御両親と穏やかな日々をお過ごしください♪

  6. tatiana より:

    今晩は、目標と目的の使い分けですね。 人生の目的、生きる意味つまり生きがいだね!

    あさがおさんの生きがいは何ですか?

    目標は目印かな、今月の売上目標、何かを成し遂げる為の目印、標 そのための策と見込みが

    目標のプロセスかな!  

    やりたいことポイポイやる事があさがおさんの生きがいになっているんだね。

    おやすみなさい。

error: Content is protected !!