2019.6.27更新終了しました。
ご愛読ありがとうございました。

詳細

ギックリ腰と短パン

私が小学生だったあるとき、母がギックリ腰になりました。

単身赴任で父が留守にしているぶん、本来であれば力のある男性に任せた方がよい仕事まで母が引き受けていたので、ケガをしたり体を痛めることも珍しくはなく。

祖父や私はハラハラしながら声をかけるのですが(祖母は静観)、ものすごく意地っ張りの母は、「自分ひとりでやる」と言って聞きません。

無理に手伝おうとすると機嫌が悪くなるので、どうしたらよいのかわからないこともありました。

ギックリ腰の原因は忘れてしまいましたが、なにか大変な作業をひとりで強行した末の出来事だったと思います。

 

母は起きているのも辛いと言って、日当たりの悪い寝室にこもりっきり。

そのころの私は手芸の特訓中で、特にミシンがけを熱心に練習中でした。

母からもらった端切れを接ぎ合わせてバッグもどきを作ったり、黙々と縫っていきます。

 

なにかができるたびに、寝室にいる母のもとへ持って行って見せました。

母は手芸がとても上手なので、修正点やらコツを教えてくれます。

私はおそろしく不器用で(今も)、教えてもらった通りにできたことなど一度もありませんが、見てもらえるのが嬉しくて色々なものを作りました。

 

暇を持て余した私が作った新作は、短パン。

きんちゃく袋を作るようなイメージで、端切れを集めて作った布二枚を縫い合わせてウエストにゴムを入れたら短パンになるのでは?と考え、自分サイズに作ってみました。

 

できあがってはいてみると、たしかに短パンっぽくなってはいますが、すごいピチピチ。

全体的にシワシワのくちゃくちゃで、珍妙な仕上がりです。

 

でもせっかく作ったので、はいた状態で母に披露。

ガラッと寝室の戸を引いて、「お母さん…」と声をかけると、雑誌を読んでいた母が顔をあげます。

直後、母は大笑い。

「腰が痛い!笑わせないで!」と言われても、笑わせようと思って作ったわけではない私は困惑。

笑い続ける母を前にどうしたらいいのかわからず、変な短パンをはいたままオロオロすることしかできませんでした。(そして余計に母が笑う)

 

この件を、母は長い間根に持っていました。

「腰が痛いのに笑わせに来た」と咎められるのですが、私は納得がいかず。

真剣に作ったものを見せただけ…と答えると、「それが余計に笑いを誘った」と言い返されてしまいます。

 

何度かギックリ腰を経験した今なら、母の文句もわかります。

たしかに、笑わせられたら腹が立つかもしれない…

それほど辛いものですよね、ギックリ腰。

 

コメント

  1. だいすけ より:

    腰は体の中心ですから 痛めると辛いですよね
    笑うと響くというのも よくわかります
    しかしそんなに妙ちくりんな出来だったのでしょうか 短パン
    お母さんには笑われてしまいましたが 見る人が見れば
    最新モード 新作コレクションに出していいような先鋭な
    出来なのだったりして・・・

    自分の文章を打ち込む(書き上げる)という気持ちは
    父から言わせると母の遺伝なのだそうです
    そして妹たちは父の理系の血を継いだのだそうな

    あさがおさんは 不器用だと自分でおっしゃいますが
    もし不器用なのだとしたら どなたの不器用を継いで
    しまわれたのでしょうね(*^_^*)

  2. D より:

    本格的なギックリ腰は、身体を石棺に押し込められたような体勢で固定するしかないし、
    負傷初期は、僅か1cm動かすことも、泥水に顔を漬け息を殺してかかる決死な思いで
    絶望と隣り合わせ・・・ 
    なので、素っ頓狂な娘の姿は、隙を突かれて残酷な大笑いを誘ったのですm9!
    母君のここまで語られた性質を思うに、一生祟られることは想像に難くないですね^^;

  3. yoshio より:

    不器用って嫌な言葉ですよね!不器用な私にとっては屈辱です。私の指みたいに短くずんぐり

    している人は大体不器用、器用な人の指はピアニストのように細くて長くきれいですね、いろ

    んなことを想像しちゃいます(すみません場違いでした) 

    不器用な人の長所と短所smartlogのブログから 

    「集中力により熱中するタイプ」「一人の人を一途に想い続ける」「些細なことでも全力を尽くす」「自分の中に信念を持ってる」

    (小さいなことでも悩み過ぎる)(自己アピールが苦手で誤解されやすい)(臨機応変に対応できない)

    克服するためには 自分を客観視する癖をつける 相手の目線に立って物事考える 素直に感情表現をする習慣をつける 取り組む前に念入りなスケジュールをたてる 自分の短所を受け入れる度量を持つ

    気になったら覗いてみて下さい。 https://smartlog.jp/147631#s19696149

    • さとぴょん より:

      はじめまして。さとぴょんと申します。

      今日のあさがおさんに宛てたコメント、見た瞬間驚きました。

      自分では、ある程度理解してますが、再度不器用な性格思い知らされました。克服に向け努力しようと思います。彼女も、良くなってくれたらなぁと願っています。

      良いコメントありがとうございました。

  4. 雲水 より:

    いやー。。。笑った。
    情景を想像しながら読みましたが
    お母様の気持ちがよーくわかりましたよ。

    いい想い出ですな🤣

  5. さとぴょん より:

    こんばんは。体調大丈夫ですか。

    情景思い浮かべると、笑いが込み上げあどけない姿が浮かびます。
    「こんなときに…」と思っていたかもしれませんが、内心嬉しいものです。

    私は不器用?確かに、動画で何か作る姿は器用と言えないなぁ(失礼ですが)
    でも、いろいろ思い付くアイデアは素敵です。そして、やりとげようとするところがあさがおさんのいいところじゃないでしょうか。そんな姿がオチャメに思える。
    切れ端で作った短パン。最近では、マカロン入りどら焼き?ペロペロマシン?他にもいろいろ力作ありましたネ。どれみても、笑いこらえるの大変です(“⌒∇⌒”) また、苦労して作るあどけない姿もニヤニヤしながら見ています。

    yoshioさんのコメント引用

    不器用な人の長所、短所

    集中力による熱中タイプ。
    ひとりの人を一途に思い続ける。
    些細なことも全力で尽くす。
    自分のなかに信念を持っている。

    以下省略

    あさがおさんにあてはまるところあると思います。俺にもあてはまるところあります。

    明日も無理しないようにね。ゆっくり休んでください。
    お大事に。おやすみなさい。

error: Content is protected !!