2019.6.27更新終了しました。
ご愛読ありがとうございました。

詳細

どうしても我慢できない

私は、ニッコリ笑うのが苦手です。

そもそも気持ちを適切な表情として出すのが苦手で、いつも頑固なお父さんのような顔をしています。

 

入社して間もない新人の仕事といえば電話対応ですよね。

私も席と電話を与えられ、聞き取れない相手の会社名に四苦八苦しながら、来る日も来る日も電話を取り続けました。

 

あるとき指導係だった先輩に、「あなたはテンションが低いから、電話に出るときは声だけでも”高く”して」と言われたんです。

言われたことはやる人間ですから、よしわかった、やってやろうと。

 

次にかかってきた電話を我先にと掴む。

声は大きく、はっきりと、そして高く。

 

「お電話ありがとうございます!(裏声)」

聞いていた先輩が噴き出す…

ということがありました。

要は、声の表情を作るのも苦手です。

 

知られたくない気持ちを隠すのなら、私の性質は都合がいいです。

グッと押し黙ったまま、表情を無のまま保つことができます。

 

ところが、一旦口を開くとダメです。

小さな裂け目がどんどん広がっていくようになって、自分ではコントロールできません。

 

怒ることは滅多になくて、仕事においては泣くこともありません。

たまに仕事中泣いてしまう人がいますが、仕事に対して泣くタイプの感情を持つ必要はないと思うんですよね。

何事が起こっても会社が目指す方向に進むためにベストな方法を選ぶだけなので、泣かなくても大丈夫。(と私は思っている)

 

私が仕事中に困るのは、泣くことよりも笑ってしまうことです。

ツボに入る出来事ってあとから考えると意味がわからないことも多いのですが、唐突にやってきますよね。

自分でも、なにがそんなにおもしろいのかわからない。

でも、おかしくて我慢できない…

 

これが、黙々と仕事をしている最中なら我慢できるんです。

たとえば打ち合わせ中とか、どうしても口を開かなければいけない場面でツボに入ってしまうとかなり苦しい。

 

ニッコリ笑うのが苦手なくらいなので、「おもしろくて笑う」こともうまくできません。

ふふふっ…ヒヒッ…と気持ち悪い感じになってしまいます。

 

だから、最初から笑わないように我慢する。

ところが意識すればするほどおかしくて、どうしようもない。

 

私は油断すると顔の色に出るので、おかしいけど我慢しているうちに赤くなり、「どうかしましたか?」と聞かれてさらに赤くなる…

 

それがつい先日あって、しかも今回は未だにツボから抜け出せず、思い出しては押し黙って笑いをこらえています。

 

最近ゲラゲラ笑ってしまうような出来事、なにかありましたか?

 

コメント

  1. ルネ より:

    こんにちは。
    今日の記事はかわいいですね! オフィスで笑いをこらえるあさがおさんを想像するだけで、なんか微笑ましくなってきます笑 笑いをこらえる経験は僕もあります。特に、厳かな雰囲気で笑ってはいけないほどおもしろくなってしまいますよね〜。芸能人の蛭子能収さんは、人のお葬式がおかしくて仕方がないそうです。さすがに極端だけど、感覚としては通じるものがあるのかな?と思います。
    ちなみにぼくは日々YouTubeなどでお笑いコンテンツを見てよく笑ってます。将来しわしわな顔になっちゃうかも。

    • あさがお あさがお より:

      ルネさん、こんにちは。
      >なんか微笑ましくなってきます
      本人は必死なんですけど、「おもしろくて辛い」って平和な悩みですよね。
      お葬式そのものはおかしくないですが、笑ってはいけないと思うといつもはなんでもないことがおかしく感じる…
      ということはありますよね。
      私は親戚のお葬式のとき、前で正座をしているいとこの靴下に信じられないくらいの大穴が開いているのを見つけて、
      笑いはしませんでしたが目が釘付けになったことがあります。

      お笑い好きなんですね。
      しわしわのルネさんも素敵だと思います。

  2. ゆき より:

    こんばんは、あさがおさん。

    最近笑ったのは、メインブログの27日の話。見たのは夜中なので声を抑えるのに苦労しましたよ(笑)

    笑ってはいけないところで笑ってしまう。それは、現状からの逃避行動という説もあるとかないとか。その場の空気や雰囲気に耐えられなくなり、緊張を軽減するため笑う。つまりその時は、笑いのツボが浅くなっているので、普段なら笑わないようなことでも笑ってしまうのでは。

    自分は家電量販店にいたとき、お客様からのクレームの処理中に笑ってしまいそうで困りました(笑)

    • あさがお あさがお より:

      ゆきさん、こんばんは。
      >メインブログの27日の話
      なんだっけ?と思って見に行きましたが、あの記事のコメントでも笑ったと書いてくださっていましたよね。
      どこがおかしいんだろう…?
      「ここが~」真剣に書いてるのに…
      というやり取りを思い浮かべてしまいました。

      >お客様からのクレームの処理中に笑ってしまいそう
      これ逃避とも言えますが、クレームって突拍子もないことがありますよね。
      自分でなに言ってるのかわかってますか?というような…
      でもクレームを寄越す人とか困ったお客さん系の人は、一生懸命生きている感じがします。
      「自分を大事にしてくれ」という叫びなんですよね。

      今私の笑いのツボは完全に浅くなっていて、発端となった出来事に関するすべてのことに対して笑ってしまいます。
      家に帰っても、日をまたいでも、未だに笑っているんですよね。

error: Content is protected !!