2019.6.27更新終了しました。
ご愛読ありがとうございました。

詳細

差し入れに困惑

地震の話をしようかと思いましたが、今年も気持ちばかりの応援を済ませ、あとは楽しい話をして過ごすことにします。

関連:海は好き…?

雪の日の思い出

 

数年前、まだ恋人がいたころ、結構な風邪を引いてしまったことがありました。

恋人には部屋の合鍵を渡していましたが、うつすと悪いから来ないでほしいと伝え、じっと横になって過ごす時間。

 

風邪を引いたときの過ごし方って、人それぞれですよね。

「とんこつラーメンを食べに行く」という人もいましたし、「サウナに行く」という人もいました。

私は、なにも食べずに眠ります。

 

食欲がないからでもありますが、ただでさえ体力がないのに風邪という非常時、消化にエネルギーを使うのはもったいないような気がするからです。

その分、菌やウィルスと戦ってね…という。

トンデモ理論だと思う方もいるかもしれませんが、「内臓を休ませる派」は少なからず存在します。

 

ところが、当時の恋人は違ったんですね。

そのときはじめて知りましたが、「がっつり食べて治す派」だったんです。

夜、玄関の鍵が開く音で目が覚め、来ないでって言ったのに…と思いました。

 

ガサガサと袋の音。

水かなにかかな…気を遣わせて悪いな…なんて考えていたら。

 

風邪どう?食べる?

と差し出されたのは、お寿司。

しかも、スーパーの値引きシール付き。

 

(病人に生もの…)

と思うもお礼を言って、「あとで食べるよ」と伝えました。

 

じゃあ、こっちは?

と差し出されたのは、焼き餃子。

 

(なんで餃子…?)

そもそも、お寿司と餃子という組み合わせに違和感があります。

でもなにか理由があるのでしょうし、行き慣れないスーパーで選んでくれたことを思って、とにかくありがとうと。

でも、あとで食べるね…

 

後に判明した理由はこうです。

私は生ものが好き→好きなものなら風邪でも食べられるだろう→お寿司

にんにくは風邪に効果あり→にんにくと言えば?→餃子

 

なるほど…妙に納得してしまいました。

ただ差し入れとしてお寿司と餃子って、決してスタンダードではないですよね。

レトルトのおかゆとスポーツドリンクとか、無難な道を進もうとは思わなかったのか…

 

話から推察するに、風邪を引いた人間を近くで見たことがなかったようでした。

家族全員超健康、本人も丈夫で学校も仕事も休んだことがありません!というような感じです。

無難な差し入れを選ぶ道は、たぶん最初から存在しなかったんですね。

 

ひとりになった部屋で、熱でフラつく体を起こし、お寿司と餃子をどうするか悩む…

食べ物を粗末にするのは気が引けて、腹を括って箸を持ちました。

その気になれば意外と食べられるもので、それがまたおかしくて。

 

せっかく買ってもらったものを「変だよ」と言う気にもならず、しかも結局食べましたし、でもやっぱり変だと思う…

 

風邪を引いたときには食べる派ですか?

え?唐揚げとハンバーグ食べるよ!なんて言われたら、どうしよう。

 

コメント

  1. ゆき より:

    こんにちは、あさがおさん。

    すごいとしか言いようがないね!!(笑)
    私は風邪でもわりと食べます(吐き気がなければ。生命維持機能は確保したいので)が・・・
    それはないなぁ。
    軽めの消化に良いものを、少しずつ食べるけど。

    せめて、経口補水液やビタミン系飲料や野菜ジュースとかだったらまだしも。
    結局、好意を無駄にすることなく食べたんだから、やさしいねぇ。あさがおさん。

  2. D より:

    唐揚げとハンバーグとなんでもいいからどんどんガソリン持ってこい! 派です

    けど、↑できる人は元々体力あるからで、普通はそんなに食べると消化に余計な
    エネルギー取られるので、治癒を長引かせるだけの筈ですが、
    発熱でも気軽に行けるかかりつけ医を持つのは大切☆

error: Content is protected !!