2019.6.27更新終了しました。
ご愛読ありがとうございました。

詳細

壊れる

「機械が壊れる」

この一言だけで察するものがあると思います。

 

これを言い出すのは圧倒的に女性に多いイメージで、少なくとも私は男性からその話を聞いたことがありません。

そもそも男性と話す機会が少ないからかもしれませんが、私なりに、私も含めた女性がそれを言いがちなワケの予想も持っています。

 

「とにかく壊れる」というのが私の主張です。

iPhoneのように高額な端末を持たない理由のひとつでもあります。

 

スマートフォンは常に何かしらの不具合が出ていて当たり前だとすら思っていて、今の端末(g07)も修理から戻ってきたばかりなのに挙動がおかしいです。

スマートフォンに限らず物持ちは良いですし、乱暴に扱ったりはしていないと思います。

でも、いつもどこかがおかしい。

 

以前はXperiaを二台持っていて、買った直後から両端末ともパターンロックが解除できませんでした。

一ヶ所に指が触れると、勝手に謎のパターンを描くんです。

たまにまぐれで解除できるので、何度も繰り返してロック自体にロックがかかったりしながらも、根気よく挑んで使っていました。

 

二台とも同じ現象だったので、そういうものなのだと思っていて。

でもよく考えてみたら、全Xperiaユーザーが毎回ロック解除できずに苦しんでいるとは考えにくいような…?

そう思って当時ネットで調べてもみたのですが、知恵袋くらいしか出てこなくて、まあいいや…と諦めました。

 

パソコンは今使っているもので人生三台目ですが、こちらもやっぱり具合が悪いことが多いです。

職場のパソコンも似たような感じで、どこか不安定なものだと思いながら接しています。

 

もっといえば、ATMも動かなくなりがちです。

 

波動がどうとか、ちょっとオカルト…と言ってしまうのは失礼かもしれませんが、そういう理由もあるのかもしれないと思う反面、もっと明確な原因があるようにも思います。

 

ATMはさておき、スマートフォンやパソコンや家電など身近な機械(電化製品)の不具合が相次ぐ場合、「普通に間違っている」ことが多いのではないでしょうか。

使い方かもしれませんし、扱い方かもしれません。

 

イマドキの機械ってそんなに壊れないものなのでは…?

だから私も、なにかが間違っているのだと思っています。

 

ただ、それを突き止めるのが面倒くさい。

だから、「壊れた」で済まそうとしている。

私の場合はこうです。

 

女性は機械の類が苦手だと言われますが、おそらく考えることが苦手なんですよね。

機械は理由があって動くわけで、壊れるとしても理由はあるはずです。

その原因を探ることを放棄しているというか…(私のこと)

 

男性は論理的に物事を考えることが多いので、「壊れた」という漠然とした一言で済ますことは少ないのではないでしょうか。

 

この記事も「壊れたパソコン」で書いていますが、結局動いたのでまあいいかな…?と、また考えることを放棄しようとしています。

 

コメント

  1. D より:

    ぴーしーというものは、どんなものでもどこかに時限爆弾かかえているというにんしきで、だいたいあってます
    えくすぺりあはそにーせいだからね
    そにーたいまーがはつどうしたあとなんだよきっとそうだあさがおさんはわるくないは (文章は此処で終わってゐる)

  2. ゆき より:

    こんにちは、あさがおさん。

    壊れたパソコンを使い続けるのは危険ですよ。
    早目に新しく買いかえたほうが良いのでは?
    使用年数によっては、バッテリーを交換するだけで復活する場合もありますけど。

    今の機械は複雑になりすぎてますよね。
    ユーザー自身がどうにかできるところなんてないようなもんだし。
    壊れる理由は確かにあるけど、一般ユーザーには思いもよらないことで壊れる(または、壊れたように見える)から、考えず事実のみを受け入れるのでいいと思います。

error: Content is protected !!