2019.6.27更新終了しました。
ご愛読ありがとうございました。

詳細

できた!

「やっとできた…!」

と問題から解放された瞬間が、ものすごく気持ちよくて好きです。

 

子供のころは数学の問題が解けたときや、習い事の昇段試験をパスしたとき。

大人になってからは仕事よりも趣味に関連することで多く感じます。

 

仕事なら質問や相談できる相手がいても、趣味のことは誰に聞けば良いのかさえわからないことも。

”調べる”という行為が好きなのでネットを活用して少しずつ迫っていきますが、それでもわからないというか、「どう調べれば良いのかがわからない」場合があって、解決まで時間がかかることがあります。

そういうときに毎回頭をよぎるのがYahoo!知恵袋です。

 

ところが、あそこに質問を投稿することに対して謎の抵抗を感じます。

質問を投稿したところで解決する(欲しい回答が得られる)とは限らないですし、努力を放棄することになる気もするから…?

 

ここ数日悩んでいたのは、「動画のファイルサイズが大きい」。(もっと圧縮したい)

調べると、私が使っている編集ソフトでは高画質低容量で出力できると書いてあります。

その手順を辿っても、今やっている方法と同じ。

じゃあ、一体どうして私の動画は大きいの…?

これがどうしてもわからなくて。

 

わからない…わからない…と調べるうちには、問題に関連する知識が少しずつ増えていきますよね。

これもなんだか好きです。

昨日よりも少し賢くなったような気がして誇らしいです。

 

数日悩んだ末に、疑わしきポイントをいじってから出力した動画のサイズを確認したとき、思わず声をあげて喜んでしまいました。

些細なことですが、ここ最近で一番嬉しかったです。

 

「できなかったことができるようになる」

このとき解放感に包まれるのは、問題から解放されるのではなくて、できなかった自分から解放されるのだと思います。(この時点で達成感はない)

 

大抵の問題は解決がゴールではなくて、それが解決されたことで道が開くに過ぎないですよね。

たとえば今回の私の場合なら、圧縮できた動画をどうしたいのか?という”その先”があります。

だから、終わりではない…

 

でもついつい、自分にご褒美を与えたくなりました。

「自分に甘い」という性質はなんだかとても恥ずかしい気がして、普段はひた隠しにしています。

 

コメント

  1. D より:

    PC関連の話は大概自分の”思い込み”と、初心者を迷宮に陥れる難解マニュアルが原因です。
    とりあえず目的達成のための第一段階突破、おめでとうございます☆彡

  2. ジュン より:

    子供のころ数学の問題が解けなくて、悩んで、ふとした時に閃く感覚が好きでした。
    確かに、解決がゴールではなく、その先に進むための「過程」に過ぎない。

    自分に甘いかどうかの判断もまた自分にしかできないよね…

  3. しげ より:

    出来なかった事が出来るようになる—–
    何も知らなかった、何も出来なかった頃に戻りたい
    そんな年齢

error: Content is protected !!